Voice

実際に勇輝道場で空手を習っている生徒、保護者の皆様の声です。

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. ご家族の声|相澤さん

相澤さん
成人/少年クラス

ご家族の声|相澤さん

ご夫婦で勇輝道場に入門してのご感想とお子さまの変化を教えてください。

元々空手に興味はありましたが、武道を本格的にやりたいという気持ちではなかったので、エクササイズ部という名のとおり、ストレッチや身体能力をあげていくことが中心の成人クラスは自分達にとても合っていて心地よく過ごせています。もちろん空手の形や突きや蹴りもとても楽しいです。ミット打ちでいい音がした時に先生が褒めてくれて、それがとても嬉しくて、終わった後は身体がスッキリして気持ちもポカポカ温かくなっています。入門してすぐに思ったことは、息子に対して、「こんなことができてたの⁉️すごい‼️」でした!夫婦二人とも身体が硬いし、まだまだ動きもついていけないので、一年間の息子の成長を身を持って感じることができました。
ご家族で空手を通して絆が深まりましたか?

入門してまだ数ヶ月ですが、あっという間に空手が生活の一部になり、家族でストレッチをしたり、ミットを購入してからは家でも息子と一緒に練習しています。夕食後のテレビを見ていただけの時間が、空手に変わり、会話や触れ合いが増し、絆も深まったと感じています。
下の子はまだ入門していませんが、一緒になってストレッチやミット打ちをしているので、あっという間に抜かされる気がしています。。
勇輝道場の先生たちはいかがでしょうか?

先生方は皆さん個性があって、それぞれの特化している分野で指導して下さるので、空手はもちろん、本格的なストレッチの仕方や護身術などの知識も身につくので、今日はどの先生かなぁ?どんなことをやるのかなぁ?と毎回楽しみにしています。
勇輝道場の先生、皆さんそうなのですが、指導していただく中でたくさん褒めてくださり前向きな声掛けをして下さるので、気持ちも上がって、もっと上手くなりたいと向上心も出てきました。子供達にもとても効果があることを実感していて、息子はいままで向上心とか闘争心といった感情があまりなく、何か始めてもすぐに飽きてしまって物事に対しての興味や意欲が薄いのかなと感じていたのですが、勇輝道場に通うようになって一年経過した今、自ら練習もする様になり、「黒帯を目指したい!形も組手も頑張ってみる!」と自ら伝えてくれるようになりました。一度、痛い思いをして「もうやめたい」と泣いたこともありましたが、先生方や仲間の声掛けのおかげで乗り越えられた事が自信につながっているようです。三年生に上がり、学校生活でも同じような問題が起こりましたが、逃げるのではなく相手の子と向き合って解決したことに成長を感じました。
先生方の指導のおかげで道場の中だけでなく、普段の生活の中にも前向きな気持ちの輪が広がっているのを感じています。

中等部保護者の声

田中 勝広さん
50代経営者

原田さん
少年クラス

牛尾 元美
20代 女性

飯田 賢治
30代 俳優

少年部保護者の声